デリケートゾーンは、下着などで通気性の悪い部分になります。特に女性は汗やおりもの、排泄物などで雑菌が増えやすい環境になっており、においが発生することでコンプレックスになってしまっている人も多くいます。

 

そのため、殺菌力の強い石鹸などを使ってしっかり洗っているという人も多いですが、それが逆にデリケートゾーンのにおいを強めてしまっている可能性もあります。

 

デリケートゾーンは文字通りデリケートな場所で、石鹸でゴシゴシ洗いすぎてしまうと皮膚や粘膜を痛めたり、においを軽減させる善玉菌まで殺菌されてしまい、かえって悪玉菌が多くなってしまいにおいのもとになったり、場合によってはカンジダ症などの病気を発症してしまうことになってしまうのです。

 

それを避けてにおいを軽減させるためには、湯シャンがオススメだとされています。

 

湯シャンとは、デリケートゾーンも石鹸を使わずに洗うという方法になります。特に乾燥肌や敏感肌の人にオススメの方法です。

 

季節にもよりますが36?38度程度の洗っていきます。お湯は熱い方が汚れが取れやすくなりますが、負担になってしまうこともあるためなるべくぬるめのお湯で洗っていきます。

 

また、直接シャワーを当てると水圧が刺激になってしまい黒ずみトラブルの原因になってしまったり、膣の中に水が入ってしまい膣環境を崩してしまうことも考えられます。膣の環境が崩れるとにおいやかゆみを悪化させるためシャワーは直接当てないようにします。

 

正しい洗い方としては、肛門付近をお尻側kらお湯をかけて前からお尻に向けて指で洗い、前からお湯をかけながら陰毛部分を洗っていきます。少陰唇のひだを外側内側と指の腹でなぞるように優しく洗い、クリトリス部分を優しく開いて洗い流します。汚れやすい場所のためしっかり洗い流して完了です。