女性の方でデリケートゾーンの悩みをかかえている人は多いのではないでしょうか?あまり周りにも相談する事がしにくいと思います。普段から下着に覆われているため湿度が高く、雑菌なども繁殖しやすいです。

 

特に生理のときなどには、ナプキンを使用すると湿気の多い菌にとっては好都合な環境になります。生理中などではニオイも気にする女性も多いかと思います。そんなデリケートゾーンですが、ニオイの原因菌があります。

 

そこで正しいケア方法と殺菌の方法を解説したいと思います。

 

まずニオイについては、無臭って事はありません。『生臭いニオイ』『酸っぱいニオイ』などが多少するものです。人にもよりますが必ずなんかしらのニオイはします。

 

しかし、過度に捉えてしまって正しいケア方法をせずに間違った洗いかたをしてしまうと、もちろんニオイもそうですが他のトラブルが起こる事もあります。

 

ですので正しいケア方法を覚えておきましょう。

 

デリケートゾーンのケア方法

 

お風呂などでのボディーソープの使用はさけましょう。ボディーソープでは洗浄力が強すぎるからです。もちろん過度な洗浄もやってはいけません。膣の自浄作用を崩してしまうことがあります。膣本来の作用である善玉菌まで殺菌してはいけません。これもニオイの原因になります。
デリケートゾーン専用のソープで優しく洗うといいです。

 

ニオイの原因菌

 

細菌性膣炎などがあげられます。黄食ブドウ球菌、大腸菌、連鎖球菌などの様々な菌の繁殖によって膣が炎症を起こす病気です。デリケートゾーンのニオイやおりもので気付くことが多いです。
これらの菌は、経血などで自然治癒する事も可能ですが、ニオイが気になるならば病院で殺菌して貰ったほうがいいです。

 

主に殺菌方法は、錠剤のため安心して治せます。

 

いかがでしたか?
この様に、デリケートゾーンのニオイには様々な原因があります。
日頃のケア方法が大切になっていくと思います。

デリケートゾーンのニオイの原因菌を正しく殺菌する方法関連ページ

デリケートゾーンって無臭にできるの?無臭の人っているの?