デリケートゾーンの悪臭は老廃物と雑菌が原因です。
下着に付着した汗や垢、尿など様々な老廃物は雑菌を繁殖するための餌場であり、放っておけば臭いが強くなっていきます。しかも高温と湿気でさらに繁殖が進んでいく性質を持っているうえに、デリケートゾーンは臭いを放ちやすい条件に満ちた部位です。タンパク質が多く含まれているおりもの、脂肪やアンモニアが豊富な汗を排出する「アポクリン腺」という汗腺、さらには雑菌が繁殖しやすい高温と加湿になりやすい点などデリケートゾーンと臭いの関係は決して離れる事はありません。

 

しかしデリケートゾーンの臭いは誰でも放っているものです。病気ではありません。

 

特に「酸っぱい臭い」はおりものの成分の一つである乳酸によるものです。この場合の乳酸は最近から守るために酸性度が高い環境になっている膣内の影響によるものであるため、心配はありません。また「いか臭い」ような悪臭はケアが足りてない証拠なので丁寧に洗えば改善されるはずです。「わきが」のような臭いも専用のケアクリームを用いれば問題はなくなりますが、「生ごみ」のような臭いや強烈な悪臭なら「性病」の可能性があります。すぐさま婦人科へ行き、医師の診断を受ける事がベストです。

 

しかし医師の元に赴くのは悪臭が強い場合のみです。
基本的な対策法はデリケートゾーンを清潔にする事に尽きます。風呂場でデリケートゾーンを水洗いし、石?やソープなどの泡で部位にたまった垢や汚れを洗い落として洗っていく事が雑菌を繁殖させない手段です。この時、デリケートゾーン専用の石鹸やソープを使えば敏感なデリケートゾーンを傷つけずに済みます。これに加えて通気性の良いショーツを着用する事を心掛ければ、自然と高温と加湿は防げます。